2020年8月のパッチ5.3対応は順次進行中!完了までしばらくお待ちください!!

【女性向け】リラクゼーションはいつ行くべき?効果アップが狙えるタイミング3パターン

美容・ダイエット

毎日の仕事や家事に疲れた時は、
自分へのご褒美にリラクゼーションに行くのも良いですよね。

全身しっかりほぐしてもらうのもよし、
アロマオイルで気になる場所をほぐすのもよし♪

たくさんお店もあるしメニューも豊富で、
どれをお願いしようか迷っちゃいますよね!

でも、どうせお金をかけて行くなら、
リラクゼーション効果だけでなく
デトックスやダイエットといった効果も期待したくないですか?

実は、生理周期のタイミングによっておすすめだったり、
逆に避けるべき施術サービスがあるんです。

周期の時期別におススメできるサービス、

避けるべきサービスを紹介するよ!

スポンサーリンク

生理周期に合わせてリラクゼーションを選ぶべき理由

女性は、男性と違って毎月2種類のホルモンと付き合って生きてます。

  • エストロゲン(卵胞ホルモン)
  • プロゲステロン(黄体ホルモン)

これが入れ替わるとき、中間のとき・・・
常に体調は変化しています。

  • 水分や栄養を貯め込みやすい時期
  • 不要物を排出してデトックスしやすい時期

女性であれば
普段生活していて、食欲が増える時期があったり、
憂鬱な気分が続く日があったり、
活動的になれる時期があったりしませんか?

まさに、それが周期!

この体の状態の変化に合わせて
ピッタリな施術を受けることで効果UPが狙えるんです。

周期を利用してリラク効果アップを狙うべきタイミング3つ

もったいぶってないで、

「どんなメニューをいつ受ければいいの!?」

ということで、簡単におススメ時期と施術メニューをご紹介しておきますね。

ダイエットやデトックスメニューを受けると良い時期

痩せたい!ダイエットやデトックスをしたい!

そう思ったときに施術メニューを利用したいのが、
「卵胞期」です。

生理終了日からおよそ1週間という短い期間ですが、
この期間にダイエットに集中するとスルスルっと体重が減少することも♪

この周期を利用する方法で、運動をしなくても
半年で5kg痩せた私としてアドバイスしたいのは

普通のもみほぐしや整体ではなく、
アロマやリンパ系のオイルを使ったマッサージの方が効果が出やすかったかも!
という事実。

もちろん、血行を良くするマッサージでも良いですが
体がガチガチでどうしようもない私の体には
オイルでゆっくりほぐす方が合っていたと感じています。

「温め系」のリラクゼーションメニューを受けると良い時期

ホットストーンなどの「温め系」の施術をおススメしたいのは
「月経期」です。

生理中なので抵抗感があるかとは思いますが、
体の芯から温まることのできる施術メニューで
生理痛を和らげてくれたりもします。

ソフトな岩盤浴もおすすめ。
お湯につかれない分、じっくり体を温めることができます。

フェイシャルメニューや「保湿系」メニューを受けると良い時期

保湿ケアや内部補修ケアメニューをおすすめしたいのは、
「排卵期」「黄体期」です。

月経→卵胞期→排卵期→黄体期→月経

排卵から生理前までの時期ってことですね。
一番長い時期です。

水分や栄養を貯めこもうとする時期なので、
バランスの良い栄養と暴飲暴食に気を付けることが一番。

肌トラブルが出やすく、食欲も増す時期なので
しっかり内部からのケアをしていきたいですね。

さいごに

周期に合わせたおススメ時期をご紹介してきましたが、
基本的には「あ、行きたいな!」と思ったタイミングで全く問題ありません。

リラックスできること、これが一番大事!

気持ちに余裕があるときに、今回ご紹介した方法を試す。
それだけでOK♪

体の周期とシンクロして、いつもより調子がいい?
と思ったら続けてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました